脳みそをグルグル使って味わうアバンギャルドな一箱

IMG_5420
サロン・デュ・ショコラ2019で買ったセレクションボックスの全種類を食べまくるレビューも3記事目。
Nature(ナチュール)FRUIT(フリュイ)に続いて、HAKKO(発酵)を食べたいと思います。

IMG_5425
IMG_5437
…………………………………
Selection Box 3
HAKKO(発酵)
4320円
8個入
…………………………………
なんとも個性的な名前のボックスですが、その意はなんぞやといいますと、カカオも発酵を経てショコラになるよねというのと、発酵食品のマリアージュみたいです。
はい!私、漬物好きです!って感じですがそんな単純な話でもなさそうですね。

IMG_5447
IMG_5448
まあ、食べますか。

※以下、個別商品の感想レビュー。チョコ好き2人に、ズブの素人すぎる私を加えた3人組で試食をしています。複数人の感想を箇条書きにしてまとめているので、コメント同士が矛盾していてもご容赦を。


1:パッション〈ジャン=ポール・エヴァン〉
IMG_5452
IMG_5453
【説明】
マダガスカル産カカオの発酵の酸味と奥深さを表現。
【感想】
○思ったより食べやすいと感じた。
○さっき食べたFRUIT(フリュイ)の1つめ(フェルベールさんのやつ)と名前かぶってんじゃんね。
○パッションフルーツじゃないぞ。情熱って意味でのパッションかー?
○風味、かなり深くて、ずっと味が続く。
○酸っぱくない。
○すごーく、食べやすい。
○直情的なおいしさ。脳みそが迷わず、おいしいと反応する。

2:ウィスキー ビター〈ブルーノ・ルデルフ〉
IMG_5454
IMG_5455
【説明】
蕎麦のウィスキーと、ボルディエバター(フランスの有名メーカーのバター)をガナッシュに。
【感想】
○これまた濃厚。しかも重い。そしておいしい。
○バターのコクがすごい。
○そりゃ美味いわ系。
○ウイスキーもバターも発酵ってわけかな。
○使われているウィスキーが特徴のないもの。もう少し遊んでもいいのでは? でも、バターに特徴的なウイスキーのフレーバーは合わないのかもなあ。

3:みりん〈ローラン&京子デュシェーヌ〉
IMG_5457
IMG_5458
【説明】
三河みりんを贅沢に使った日本テイストあふれるショコラ。
【感想】
○みりんのはずなのに、そんなに感じない。
○特徴ない。
○甘みにマロミあるかなー?くらい。コメントに困る味。
○2番が強すぎたから感じられないのかな。
○可もなく不可もなく。

4:しょうゆエピス〈パティシエ エス コヤマ〉
IMG_5460
IMG_5463
【説明】
甘エビやボタンエビの紹興酒漬けを食べて思いついた作品。
【感想】
○醤油を感じる。けど、酸味のすごさに驚く。
○醤油のコクを感じる
○アミノ酸を感じる。
◯解説の意味はわかるっちゃ、わかるな…。
○ナッツ感じる。
○エピスの方なのかなー。変な味するけど、何かわからない。
○醤油…ショコラにあわないことはない。

5:ボンボンパッション〈セバスチャン・ブイエ〉
IMG_5465
IMG_5467
【説明】
2度発酵の「イタクジャ』(自然発酵終了後のカカオ豆にフルーツの果肉を加えて、二度目の発酵を行うヴァローナ社のチョコ)を使用。鮮烈なパッション感。
【感想】
○パッションフルーツの風味。
○強いなあ。
○イタクジャ……ヴェローナのサイトを見ると欲しくなる。
◯まさに鮮烈
○すごく強くて、すごく食べやすくて、すごくおいしい。

6:キンロック〈アンリ・ルルー〉
IMG_5471
IMG_5472
【説明】
アイラ島のモルトとスコッチウィスキーを使った大人ガナッシュ。
【感想】
○スモーキー。
○煙の匂いが、いぶりがっこレベル。
○薬品臭。
○酸の強い日本酒と合わせたい。
○ペアリング欲望を感じる。イマジネーション。料理好きな人に食べさせて困らせたい。

7:ベルガモット〈アルノー・ラエール パリ〉
IMG_5474
IMG_5475
【説明】
ベルガモットティーとのコラボ。
【感想】
○ベルガモットのわかりやすい風味。
○ミルクティーっぽさがある。普通、ベルガモットはミルクティーにしないけど、悪くない。けっこう面白い味わい。
○ビターが最後にしっかり残っておいしい。

8:七尾〈ル ショコラ ドゥ アッシュ〉
IMG_5479
IMG_5480
【説明】
七尾の鳥居醤油とオレンジをマリアージュ。
【感想】
○オレンジっぽい味。
○シンプルな味。
○食べやすい。
○発酵感あるかな?よくわからない。
○味のなかに醤油を探せななかった。


以上、セレクションボックス「HAKKO(発酵)」8商品でした。

Nature(ナチュール)、FRUIT(フリュイ)に比べ、実験性の強いショコラが並んでいたように思います。
舌と脳みそをぐるぐる使って、非常に食べ疲れた(※褒め言葉)一箱でもありました。

ローラン&京子デュシェーヌの「みりん」、パティシエ エス コヤマの「しょうゆエピス」なんてね、名前見ただけで、ふぉーって感じですものね。
発酵ってテーマだと、日本文化圏の人は「旨み」を表現する方向に行く傾向があるのでしょうか。
旨みとショコラ……。想像したこともなかったぜ。

個人的な好みだと、セバスチャン・ブイエの「ボンボンパッション」と、アンリ・ルルーの「キンロック」がとってもおいしかったです!

これは、世界的なショコラの大会「ワールドチョコレートマスターズ」の歴代日本代表メンバーたちが集結、サロン・デュ・ショコラのためにの新作を作ってくれたから詰め合わせたよ!という商品です。
これらもめちゃおいしかったので、ぜひ読んでくださいね。明日にでもアップします!

ではでは。