抹茶ガトーショコラ、このお店はいったいいくつヤバいお菓子を思いつくんだろう


伊勢丹デパ地下の隠れ人気スポット「日本茶菓SANOAH」(にほんさか さのあ)。

先日食べたフィナンシェ(コレ)、数ヶ月前に食べたキャラメルサンドクッキー(コレ)。

ともに日本茶菓SANOAHのお菓子なわけですが、以下のような特徴を持っていました。


●おいしい(マニア受けの方向じゃないやつ)

●強烈な抹茶味(ワハハと笑うレベルの)

●ラストは抹茶の苦味で締める大人味

●個包装(贈答利用に助かる!)

●賞味期限が長い(贈答利用に助かる!)

●ちょうどいい値段とサイズ(贈答利用にほんと助かる!)

●「日本茶菓」と名乗りつつ、抹茶を主役にしたお菓子をつくりつつも、あくまでも洋菓子


復習終わり。


そして、今回食べるのは日本茶菓SANOAHのガトーショコラ「絹乃茶」(きぬのさ)です。

で、これまた洋菓子です。


ハーゲンダッツが「グリーンティ」のアイスクリームを発売したのが1996年。

抹茶がいまや「和」菓子だけのフレイバーじゃないのは常識のこと。

単に「抹茶スイーツ」といえば「和」よりも「洋」を思い浮かべるのが当たり前のご時世です。

抹茶スイーツの大御所(例えば中村藤吉とか、辻利とか)だって、パフェとかの印象が強いですしね。


IMG_6007
IMG_6009
IMG_6010
というわけで、そんなガトーショコラ・絹乃茶にご対面。

あれー。

フィナンシェ同様、箱が開けづらいなあ…。


IMG_6011

ビリビリするしかないのだろうか。


IMG_6013

IMG_6016
開けました。

うん、個包装。

整然と整列する愛いやつらがズラリです。


箱の内側もがちゃんと可愛いとか、ほんと正義。


IMG_6015

すばらしい。


IMG_6017

なかには説明書きの紙も。

並列で英語表記ですか。

インバウンドの時代ですわ。


タイで抹茶ブームだとかきいたことあるし、アメリカやヨーロッパでも抹茶がオリエンタルでヘルシーな食材として定着している印象があるし。

抹茶ならぬ、“matcha”として世に羽ばたくお茶たちよ。ファイト。

(※なんか軽く調べたら面白い記事あったので、ぜひ。→https://www.businessinsider.jp/post-108720


IMG_6020
…………………………………

日本茶菓SANOAH

絹乃茶(きぬのさ)

5個入り

1080円

…………………………………

さあ実際に食べましょうか。

写真だとちょっとわかりづらいのですが、色が違うものが並んでます。


えーと。

・右2つ:抹茶

・真ん中:煎茶

・左2つ:焙じ茶

でしょうね。

なるほど。


まずは抹茶と思しきものから食べてみます。


IMG_6023

IMG_6027

こんな感じ。

オープン。


IMG_6029

キレイだなあ。


IMG_6032

IMG_6033
半分に。


IMG_6034
外側よりも、内側の方が緑色が鮮やかです。

いただきまーす。


ん、2層仕立てですね。


IMG_6036

手前側がネロリとしたペースト。

舌に感じる少々のザラザラ感が個性的です。


そして奥の方がしっとりふんわりとした生地。


…うーむ。

これはおいっしいなあ。


まず感じるのは、これぞ日本茶菓SANOAHな「笑えるほど強烈な抹茶味」。

ひょっとして苦手な人もいるかも…ってくらいに濃い。


そして、その抹茶の濃さとぶつかって勝つ勢いで、ガトーショコラが濃い。

これぞ濃厚ガトーショコラ。

チョコにまみれている感じです。

ここまでチョコと抹茶が強いと、ひとくちひとくちの満足度が異様に高い。


しかもですね、ネロリ食感が舌にまとわりつき、その濃厚なチョコ&お茶味を鮮烈に味覚に刻みつけます。

うーーーん、濃い。

口中で暴れまわります。やっぱすごいわ。


…さて、じゃあ、他の味はどうなのという話ですが、次に食べたのは「煎茶」味。

抹茶味となにが違うのかって話なのですが、これがぜんぜん違う。

なんというか、煎茶は“程よい”。

苦味やコクが穏やかで、ボディ感が軽やか。

「さっきの抹茶味の味をちょっと薄くして食べやすくした」みたいなのではなく、ゼロベースから組み立てたバランスのとり方なんです。


というか「程よい」っていっても、「つまらない」ってわけじゃありません。

抹茶の激烈ハードパンチと比べるとインパクト不足という言い方もできるかもですが、確実にひとつ、正解のバランスというものを見せてくれるんです。

おいしい。

抹茶に比べ、香りにパラメータ多めに振った感じですかね。


そしてラストは、「焙じ茶」味です。

で、これは、なんというか、“違和感ゼロ”って印象。


多分、焙じ茶とチョコレートに共通する香味成分があって、そこが双方の味を上手に橋渡しをしていてくれている。


日本にはあまり入ってきてない珍しいカカオを使ったガトーショコラでして~って言われたら、焙じ茶の存在に気づかないかもしれないなあ。

でもなあ、なんともおいしいなあ。

個人的にはほうじ茶がベストかも。


などと、なんとも散漫な文書になりましたが、日本茶菓SANOAHのガトーショコラ「絹乃茶」、かなりおいしかったですよ。

値段的にもサイズ的にも贈答に適した商品かもです。

なんにせよ、伊勢丹は掘っても掘ってもおいしい食べ物が出てくるなあ。


IMG_0095
※おまけ

…………………………………

「日本茶菓SANOAH」(にほんちゃか さのあ)

お店の情報がほとんどない!

お茶の包装を手がけているお店が母体だとの情報に突き当たりましたが、オフィシャルな情報がぜんぜんないんです!

通販としては、伊勢丹のオンラインストアで2商品、4ラインナップ!(https://isetan.mistore.jp/onlinestore/brand/001695/list

この2つと、前に書いた伊勢丹新宿店限定のキャラメルサンドクッキー胡桃抹茶を食べた限りは100%おいしいので、ほんとおすすめ!

http://www.n-sanoah.jp/

…………………………………