果物まるまんまだけどヤンチャにあらず、気高いブリリン食感ゼリー

京都の老舗・老松の夏柑糖(リンク)を毎年楽しみにしているお菓子好きな皆さん。


千疋屋総本店のショーウインドウの前を通るたびに気になっていることがありませんか。

IMG_0755
「この千疋屋のやつ、どんなだろ。夏柑糖と比べてどうなのかな」

…です。
って絶対に思ってますよね。
そうに違いない。
少なくとも私はずっと思ってました。

IMG_0753
私は頻繁にはゼリーを選ばない嗜好なので、なかなか手が回らなかったのですが、先日、ついに千疋屋のアレに手を出したので、その感想を述べたいと思います。

ちなみに、こういう柑橘類まるまんまの中をくり抜いてゼリーを詰めたやつ、銀座千疋屋でも、京橋千疋屋でも出してますが、当記事は千疋屋総本店のやつです。
伊勢丹新宿店のデパ地下で買ったやつです。
お間違えなきよう。

IMG_8373
はい、買いました。

IMG_8375
IMG_8377
今回買ったのは、2種類、グレープフルーツとオレンジです。

IMG_8378
んー、やっぱ果物まんまだと、存在感がすごいですね。
ちょっとレトロな包み紙が、「水菓」って感じ。

IMG_8380
まずはルビーグレープフルーツ。

IMG_8381
シンプル。
果実そのものの他には、砂糖とゼラチンのみ。

こういうお菓子って、レモン果汁で酸味加えて爽やかに〜ってしそうだなと思うのですが、そんなことないんですかね。

IMG_8382
皮に横一文字の切れ目が入っているので、ここに親指を入れて、メリメリと開けます。
すると…

IMG_8387
…………………………………
千疋屋総本店(せんびきやそうほんてん)

スペシャルグレープフルーツジェリールビー
756円
…………………………………
まっかなヤツがお目見えです。
大きい方にはゼリー。
蓋の方にはまんまの果実が入ってます。

IMG_8388
これをギュッと絞って果汁をゼリーにたらし食べるんですって。素敵だなー。


さあ、いただきましょうか。

IMG_8398
ぐさり。
おおおお。
指に伝わる感触が強い。

「ムチチチチチっ」としている感じ。

ああ、ここでもうはや老松・夏柑糖との違いが明らかになります。
そうですよね。
夏柑糖はホロロロッとした寒天ですもん。

対してこれはムッチムチのゼラチン。
なんかすごい。
元気!って感じ!?

IMG_8399
力をグッと入れてもなかなか掬わせてくれません。

IMG_8400
ブリリン!

たまらず口に放り込めば、うわ!味も食感も鮮烈フレッシュ、超元気。
いやあ、おいしいなあ。

これ以上ない味のバランスなのに、ぜんぜん甘さがしつこくないし、足りなくない。
濃すぎないし、水っぽくない。
香りブワンブワンなのに、まったく嘘くさくない。

自然の果実相手なのに、どうやってこんなにも過不足ないポイントを見極められるのでしょう。
おいしいよー。

そもそもグレープフルーツが大好きだという私の嗜好もあるのですが、とにかく甘さと苦さって、こんなに合うんだー。
そんな当たり前のことを再発見した気分です。

IMG_8402
同様にオレンジ。

IMG_8403
IMG_8404
開けて。

IMG_8406
…………………………………
千疋屋総本店(せんびきやそうほんてん)

スペシャルオレンジジェリー
648円
…………………………………
おお、オレンジも美しい。
グレープフルーツに比べて繊維感を感じない、なめらかな見た目です。
これが食感にどう影響してくるのでしょうかね。

IMG_8409
オレンジは半分に切ってみました。
おしゃれ。

IMG_8411
えい。

IMG_8412
ぶるりん。

おお、これもプルンとかじゃなくて、ぶるりんです。
濁音。

IMG_8413
いただきまーす。

…うん、うん。
グレープフルーツに比べると2段階くらいゼラチンの量が少ない?
ちょっとだけホロホロしてる印象ですかね。

そして、こっちもおいしい。
苦味が少ないぶんだけ、優しい甘みがすぅーっと染み渡ります。

ああ、これ、どっちもおすすめできるなあ。

双方微妙に濃度の違う「ムッチリぶるりん」食感なのですが、口の中で何度か歯をアグアグすると、スルリと解けジェル状というよりは液体に近い何かとして喉に滑り落ちていく。
こりゃ爽快ですよ。
楽しいです。
口中の快楽。

フルーツっておいしいなあ。
ゼリーっておいしいなあ。

どっちの感情も存分に味わえます。

食感的に少々カジュアルな味わいかなと予想してたんです。
果物まるまんまってのも子供好きする感じですしね。
でも、まったくそんなことありません。

これだけ気高いフルーティさがあれば、失礼できない人へお出しするにもばっちりでしょう。
格調を感じます。

透き通った甘み、突き抜けた香り。
食べたあとに、なにのひっかかりも残らない。
キレイな去り方。

年齢を重ねると、胃に入れたものの如何によっては、しばらく、体にダメージが残ることがあるじゃないですか。
どれだけおいしい!って大興奮しても、若い頃と同じようには持続しない。

でもこれなら大丈夫。
いいぞ、いいぞ。

ちなみにお上品に食べるならそれぞれ1/3〜1/2のカットにスプーンを添えて出す。皮が滑るので、ジャストサイズで深めの器に入れるのが良いかも、って感じですかね。
ぜひ食べてみてください。

…………………………………
「千疋屋総本店」(せんびきやそうほんてん)
たぶん日本で一番有名な果物店。
日本橋本店は超格好良い高級ホテル・マンダリンオリエンタルと同じビル。
フルーツパーラー併設店もいくつかあって、そこでパフェを食べたりするのが至福です。
なかなか注目されませんけど、ここのパーラーで食べるアボカドのサンドイッチも超絶おいしいですよ。
…………………………………